仮想通貨(暗号資産)

【運用実績公開中】月5,000円でビットコイン投資はじめてみた!

ビットコイン投資 運営実績公開中 アイキャッチ画像2

ビットコイン投資始めるなら
いまがチャンス!

ビットコイン価格は、2021年11月に史上最高値(700万超え)を記録し、現在ではいったん落ち着いています。
価格が下がった今だからこそ購入し、今後の値上がりに備えましょう!
そうすれば大きな利益が期待できますよ。

ビットコインの購入は、仮想通貨取引所の「コインチェック」がオススメ!
トレード画面が見やすいと評判で、500円からビットコインが購入できます。

コインチェック

『コインチェック』の詳細・口座開設(無料)はこちら(公式)

※仮想通貨投資は利益を得られる反面、資産が減るリスクもあるので注意しましょう。

てるしむ
てるしむ
今回は、仮想通貨(暗号資産)での副業歴2年1ヶ月の最高利益3万円、少額専門ミニマムトレーダーのてるしむがお伝えします!

この記事は、

  • ビットコイン(仮想通貨)投資に興味がある
  • ビットコインの積立投資は簡単にできるの?
  • ビットコインの積立投資はどれくらいの利益がでるの?
  • ビットコインの積立投資の運用実績が見たい

こういった方のために書きました。

最近ニュースなどで「ビットコイン」「仮想通貨(暗号資産)」についての記事を目にすることが増えましたね。

私自身、2年前から仮想通貨投資をはじめ、今ではひと月3万円ほどの利益をあげられるまでになっています。

これまでは、デイトレードのように短期間の売買で利益を上げる方法で仮想通貨投資を行ってきました。

しかし、仮想通貨の将来性を考えると、長期投資もいいんじゃないかと思いはじめたんです。

ビットコインの価格も一時期に比べて落ち着いてきており、長期投資をするなら今が始めどきだと感じています。

そこで今回、「ビットコインの積立投資」にチャレンジします。

チャレンジといっても毎月決まった日に一定額のビットコインを買い増していくだけですが、どんどん利益を生み出してくれるのではと期待大です。

てるしむ
てるしむ
購入金額は毎月5,000円(1日167円)と誰でも取り組める額に設定したよ!
ちなみに、ビットコインはもっと少額の500円からでも購入ができるよ!

今回のチャレンジにともない、投資やビットコインに興味はあるけど、どれくらい稼げるのか気になっているという方のために、その運用実績を毎週公開します。

ぜひ参考にしてくださいね。

投資は利益が見込める反面、元本割れのリスクもあります。
リスクについて、よく理解したうえで取り組むようにしましょう。

Contents
  1. 仮想通貨について
  2. ビットコインの積立投資!スタート時の情報
  3. 【2022年5月の運用実績】ビットコインの積立投資!
  4. 【2022年6月の運用実績】ビットコインの積立投資!
  5. 【2022年7月の運用実績】ビットコインの積立投資!
  6. 【2022年8月の運用実績】ビットコインの積立投資!
  7. 【2022年9月の運用実績】ビットコインの積立投資!
  8. 仮想通貨(ビットコイン)投資を始める方法
  9. まとめ

仮想通貨について

仮想通貨といっても読者の方の中には、まだよく分からないという方も少なくないと思います。

そこでまずは、仮想通貨やビットコインについて、簡単に紹介していきます。

ビットコイン
スマホ一つで月3万円?!ワンコインでできる仮想通貨の魅力を紹介! 今日の記事は、 仮想通貨ってなに? 仮想通貨って難しいの? 仮想通貨を副業にするのは良いの? 仮...

「仮想通貨」と「ビットコイン」

仮想通貨(暗号資産)はインターネット上で決済に利用したり、それ自体を売買することができるデジタル通貨です。

最近では、世界基準である暗号資産という名称が正式名称とされています。
(当ブログでは、一般の方に馴染みのある「仮想通貨」という名称を引き続き使用します)

仮想通貨には数千種類の通貨が存在し、その中のひとつが「ビットコインです。

ビットコインは、仮想通貨のなかでも時価総額や知名度などが特に高く、最も有名な通貨の一つとなっています。

他の通貨に比べて安定しているので、仮想通貨投資をはじめるなら、まずはビットコイン投資がオススメです。

仮想通貨(ビットコイン)の将来性

ビットコイン(BTC)に限らず仮想通貨(暗号資産)市場はまだまだ発展途上です。

したがって、今後も成長が期待でき、今の時点でビットコインを保有しておけば、数年後には大きな利益が出ているのではないかと私は考えています。

てるしむ
てるしむ
参考までに、2020年1月1日時点の1BTCの終値が約67万円だったのに対して、2021年4月1日時点では約653万円となっており、1年間で10倍近い値を付けているよ!

大手仮想通貨取引所「コインチェック」創業者の一人である大塚雄介

ビットコインを始め暗号資産(暗号資産)の時代は始まったばかりで、暗号資産を取り巻く環境整備や技術の革新が進めばビットコインの価値や注目度は変化していく

と述べており、今後、様々なアップデートによる価格の上昇が期待されます。

社会情勢の変化によって一時的に価格が下落することは当然あるとは思いますが、仮想通貨市場の未来は明るいのではないでしょうか。

「投資」で利益が出せる仕組み

投資で利益が出せる仕組みはとてもシンプルです。

仮想通貨であれば、通貨の価格が低い時に買って、高くなったら売却するだけで、その差額が利益となります。

ビットコイン(BTC)を例にあげると、1BTC=100万円の時に1BTCを購入し120万円になったタイミングで売却すると、その差額である20万円が利益です。

とても簡単な仕組みですね。

積立投資とは

定期的に一定額ずつ買い増していくのが積立投資です。

例えば「毎月1日に1万円ずつビットコインを積み立てる(買い増す)」というやり方です。

なにも難しいことはありません。

ビットコインのように価格変動が大きく購入するタイミングに迷ってしまう投資初心者にピッタリな投資方法だといえます。

また、積立投資の場合、毎月決まった額を購入していきます。

そうすると、安い時は多く購入し高い時には購入量を減らすことができるため、最終的に平均購入単価を抑えることができるのです。

この仕組み(ドルコスト平均法)のおかげで、価格変動リスクを抑えることができます

ビットコインの積立投資!スタート時の情報

それでは、ビットコイン投資の運用実績をご紹介しましょう。

まず、今回の投資の情報です。

【ビットコイン投資の情報】

  • 投資開始:2022年5月7日
  • 毎月の積立(購入)額:5,000円
  • 積立日:毎月7日
  • 実績の計算価格:土曜日の終値

【2022年5月の運用実績】ビットコインの積立投資!

2022年5月のビットコイン運用実績を見ていきましょう。

5月7日 積立投資スタート!

今日からスタートなので、実績といえるものではありませんが、以下のような内容でビットコインを購入しました。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.001031 BTC
  • 投資額:5,000円
  • 購入時BTC価格:4,849,661円
  • 評価額:-
  • 評価損益:-
コインチェック BTC購入履歴 5/7

ビットコインは2021年11月700万円を超えていました。

今後も値上がりが予想される中で、いったん価格が落ち着きかなり買いやすくなっています。

このタイミングで積立投資をはじめようと準備を進めていたのですが、最近の状況から少し大きめの下げがあるのではと様子を見ていました。

案の定、5月5日に10%近い下落があったため、動きが落ち着いた7日にビットコインを購入しています。

今後、毎月7日に5,000円ずつ買い増していきますが、相場の状況を見ながら臨機応変に対応するつもりです。

相場は確実に上がったり下がったりを繰り返すので、価格が安くなるタイミングをしっかり見極めて購入していきます。

ですので、毎月7日というタイミングが若干変動する可能性もあります。

自動積立ではないので、柔軟に対応できるのは良い点ですね。

5月14日 暴落の1週間

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.001031 BTC
  • 投資額:5,000円
  • 平均取得単価:4,849,661円
  • 5月14日終値:3,886,982円
  • 評価額:4,007円
  • 評価損益:-993円(-19.86%)

さあ、ビットコインの積立投資をはじめて1週間が経ちました。

どれくらい含み益が出ているかなと思ったら、この1週間がまさかの暴落タイミング

購入時480万円ほどだったビットコイン価格は、なんと390万円まで下落してしまいました。

暴落の要因としては、アメリカの経済対策の影響や知名度の高い仮想通貨「テラ(LUNA)」の暴落があげられます。

積立投資をはじめていきなりか!とショックだったのですが、仮想通貨ではよくあることです。

いまはウクライナ戦争やコロナ禍など、世界全体で良くない情勢が続いているので、いたしかたないと考えています。

ビットコインを購入するなら今がチャンス

ビットコイン 史上最高値BTCの最高値は700万円超え

コインチェック

現状、ビットコイン価格は市場最高値にくらべて半分近くまで下落しています。

しかし、いまは戦争やコロナ禍で世界経済がダメージを受けて価格が下がっている部分が大きいです。

それなら、情勢が改善された時には大きく価値が上がる可能性がありますよね。

ということは、安くなっている今が買い時だということです。

私は、毎月の定期で購入していく方針なので、今月は買い増ししませんが、十分にチャンスだと思いますよ。

ビットコイン(仮想通貨)投資をはじめるなら、今がチャンスです!

今後が楽しみですね。

5月21日 世界経済全体が下降気味

ビットコイン積立投資2週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.001031 BTC
  • 投資額:5,000円
  • 平均取得単価:4,849,661円
  • 5月21日終値:3,766,045円
  • 評価額:3,883円
  • 評価損益:-1,117円(-22.34%)

そろそろ上がってくるかなと思いきや、アメリカの株式市場での下落を受けて、ビットコインも下がってしまいました

ビットコイン(仮想通貨)だけの問題ではなく、世界経済全体で起こっていることなので、もう仕方ないですよね。

一応、毎月1回の定期で積立を行っていく予定ですが、22%下落した状態なら今のうちに購入しておいた方がいいのかなと思っています

もし、21日終値でさらに5,000円購入したとすると、平均取得単価は424万円ほどになるんです。

そうすると、評価損益は-11%になります。

一気に含み損を小さくできるため、定期ではありませんが購入を検討しています。

これからの1週間で少し考えて、また報告しますね。

購入チャンスは継続中!

先週もお伝えしましたが、ビットコインの最高値は2021年11月の700万円オーバーです。

それを考えると、半値になっている今が購入のチャンスといえるでしょう。

世界情勢を考えると、今のような価格推移はしばらく続くと予想されます。

今のうちになるべく多くのビットコインを保有することで、世界経済が上昇トレンドとなった際に大きな利益を得ることが可能です。

仮想通貨取引所の口座をもっていない方は、ばずは口座を開設しておきましょう。

口座開設をするだけで無料でビットコインがもらえる取引所もあります。

今のうちに少しでも良いのでビットコインを保有しておくと、きっと良いことがあると思いますよ。

5月28日 上がると見せかけて下がる相場

ビットコイン積立投資3週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.001031 BTC
  • 投資額:5,000円
  • 平均取得単価:4,849,661円
  • 5月28日終値:3,689,740円
  • 評価額:3,804円
  • 評価損益:-1,196円(-23.92%)

評価損益は先週に比べて-79円(-1.58%)となり、さらに下がってしまいました。

23日に一時390万円まで値を上げていたのですが、その後、急落。

28日に360万円まで下げた後、少し戻しました。

引き続き下げトレンドは継続中のようです。

この1週間、定期の積立とは別に買い増しを考えましたが、結局、実施しませんでした

下げトレンドが継続中なのに加えて、もうすぐ定期の買い増しタイミングだからです。

言っている間にその日がやってくるので、とりあえずこのままにしておこうと思います。

買うなら今しかないかも?!オミクロン株対応のワクチンが秋に登場予定!

新型コロナウイルスに関して、最近、モデルナ社からオミクロン株対応のワクチンが出せるというアナウンスがありましたね。

モデルナ幹部 “オミクロン株対応ワクチン 秋にも供給したい”(NHK)

新型コロナが流行りだした頃、「コロナショック」と呼ばれる株価大暴落が起こりました。

ビットコインを含めた仮想通貨業界全体も例外ではなく、当時、大きく値を下げています。

これは、新型コロナによって様々な制限が必要となり、経済が停滞したことが原因でした。

それが今回、オミクロン株対応・持続期間1年のワクチンが導入されれば、ゲームチェンジャーなるのではと考えています。

行動制限がどんどん緩和され、コロナ前の状況が戻ってくるのではないでしょうか。

そうすると、ビットコインの価格もどんどん上昇し、今のような安価で購入することができなくなるかもしれません。

やはりビットコイン投資を始めるなら今が最適なタイミングじゃないかと思いますね。

【2022年6月の運用実績】ビットコインの積立投資!

2022年6月のビットコイン運用実績を見ていきましょう。

6月4日 なかなか上げるのが難しい情勢

ビットコイン積立投資4週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.001031 BTC
  • 投資額:5,000円
  • 平均取得単価:4,849,661円
  • 6月4日終値:3,907,373円
  • 評価額:4,029円
  • 評価損益:-971円(-19.42%)

ビットコイン相場は6月1日に一時412万円まで上げましたが、翌日に下落

現在の390万円前後をウロウロしている状況です。

先週の価格に比べると少し上がってはいるのですが、やはり界経済の情勢が不安定なため大きく上げるのは難しいと感じます。

もうしばらく下げの相場は続くんだろうなという印象です。

今週はビットコイン買い増しの週

5月7日にビットコインの積立投資を始めて1ヶ月をむかえようとしています。

7日には、さらに5,000円のビットコインを購入予定です。

はじめて購入した時の価格が485万円ほどだったので、このままいけばかなり安く購入できそうですね。

今の価格からすると1回目の購入価格がかなり高く感じます。

しかし、の購入で平均購入単価をグッと下げることができそうです。

ビットコインの価格が上がらないのは切ない気持ちになりますが、安いときは仕込み時です。

安く購入したビットコインが、景気が良くなったタイミングで上昇してくれることを信じて、積立を続けていきたいと思います。

6月11日 初めての買い増し

ビットコイン積立投資5週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0022683 BTC
  • 投資額:10,000円
  • 平均取得単価:4,408,588円
  • 6月11日終値:3,820,028円
  • 評価額:8,665円
  • 評価損益:-1,335円(-13.35%)

今週は、月に一度の買い増し週。

ビットコインの積立をスタートさせて初めて買い増ししました。

コインチェック BTC購入履歴 6/7

予定通り6月7日に5,000円分(購入価格:404万円)を買ったので、平均取得単価が大きく下がっています

1ヶ月目 2ヶ月目
投資額(計) 5,000円 10,000円
BTC
購入時価格
485万円 404万円
平均
取得単価
485万円 441万円

評価損益は、1ヶ月目は-20%前後をウロウロしていたのですが、買い増しのおかげで-13%まで改善しました。

評価損益
5月7日
5月14日 -19.86%
5月21日 -22.34%
5月28日 -23.92%
6月4日 -19.42%
6月11日 -13.35%

約10%の改善は大きいですね!

積立投資の良いところは、購入単価を引き下げられる点です。

一度に購入するのに比べてリスクを減らすことができるので、資産形成にはピッタリだといえますね。

下落の始まり

初めて買い増しをして評価損益が大きく改善されたと喜んだ矢先、また下がり始めました

買い増し時に400万円を超えていたにも関わらず翌日から下げ始め、6月11日の終値で382万円になっています。

BTC コインチェック6/12

コインチェック

SNSでのインフルエンサーの発言を追っていると、多くの方が下落を予測していたので驚きはしません。

買い増しのタイミングを数日遅らせようかと迷ったのですが、それではいつまでたっても買えないので、サクッと購入しました。

下がるなら下がればいい。

下がったらその時また買い増して、将来に備えるだけです。

ビットコインに限らず仮想通貨は将来性のある投資先だと私は思っています。

少額ずつの積立ですが、5年、10年先はどうなっているのか、いまから楽しみです。

6月18日 ズドン!!

ビットコイン積立投資6週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0022683 BTC
  • 投資額:10,000円
  • 平均取得単価:4,408,588円
  • 6月18日終値:2,560,598円
  • 評価額:5,808円
  • 評価損益:-4,192円(-41.92%)

先週の買い増しで取得単価が下がったと喜んでいた矢先、まさかの大暴落です。

1週間前382万円(6月11日終値)だったものが、256万円にまで下がってしまいました

なんと-33%!!

コインチェック アプリ6/18

コインチェック

またまたなのですが、米国株の影響を受けての連れ安という状況です。

社会的な背景としては、インフレの高止まりが大きく影響しているとされています。

ウクライナ戦争やコロナの影響が色濃く出ている状況ですね。

評価額が当初の60%を下回り、こんなに下がるのかと正直驚きました。

買い増しして1週間経たずに激下がりだったので、ショックでしたね。

ただ、ビットコインが駄目なのではなくて、世界経済全体が悪くなっている状況なので、これはもう仕方ないでしょう。

将来性があるからこそ、今が買い増しのチャンス!

ビットコインの価格はとんでもなく下がってきていますが、これはチャンスだと私は考えています。

将来性的にビットコインの価格はもっと上がると考えると、いまが安く買える絶好の機会ではないでしょうか。

これも何度もお伝えしていますが、いまビットコインが下げているのは、世界経済が良くない状況だからです。

状況が改善されれば、また価格が上がる可能性は十分にあります

それなら、バーゲンセール価格となった今のうちに仕込みをしておくのがベストです。

仮想通貨取引所の「コインチェック」なら、6月30日まで無料でビットコインが受け取れるキャンペーンを開催しています

まずはタダでもらえるビットコインで様子を見てみるのが良いでしょう。

活用してみてくださいね。

6月25日 暴落の後、いったん安定

ビットコイン積立投資7週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0022683 BTC
  • 投資額:10,000円
  • 平均取得単価:4,408,588円
  • 6月25日終値:2,903,878円
  • 評価額:6,587円
  • 評価損益:-3,413円(-34.13%)

先週の大暴落のあと、価格は少し上昇していったん安定しています。

一時、240万円台まで落ち込みましたが、25日終値で290万円台にまで戻ってきました。

コインチェック アプリ6/25

コインチェック

そのおかげで評価額も59%→66%まで戻しています。

キーポイントとされている2万ドル(約270万円)を下回ったので、止まらずに大暴落が続くのかと思ったのですが、そんなことにはなっていません。

ただ、予断を許さない状況は続いています

安定したからといって上がっているわけではないからです。

ツイッターで情報収集していても、また下がるという分析をされている方をたくさん見かけます。

ここ最近の暴落の原因となっているウクライナ情勢や新型コロナの状況など、まだ改善の兆しは見えていませんよね。

そのため、価格が上がると考えるのは難しいと感じます。

安くなっている今がビットコイン投資を始める良いタイミングなのですが、もう少し様子を見ても良いかもしれません

【2022年7月の運用実績】ビットコインの積立投資!

2022年7月のビットコイン運用実績を見ていきましょう。

7月2日 そしてまた下がった

ビットコイン積立投資8週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0022683 BTC
  • 投資額:10,000円
  • 平均取得単価:4,408,588円
  • 7月2日終値:2,601,645円
  • 評価額:5,901円
  • 評価損益:-4,099円(-40.99%)

6月10日頃に大きく下げた後、若干上昇し安定していたビットコインは、6月26日頃からまた下がり始めました

コインチェック アプリ7/2

コインチェック

7月2日終値で260万円まで下げたので、評価損益も-41%となっています。

下げの要因としては、仮想通貨についてのアメリカ主要機関からの発言や景気後退への懸念などが挙げられます。

やはり、下げ相場は継続中という認識で、今はまだ大きく購入するのは避けた方が良いのかなという印象です。

相場転換が起こるタイミングというのは、短期間に大きな動きがあるものです。

しかし、最近の下げは大きな下げがあるものの、どちらかといえば長い期間でジリジリと下げている印象があります。

このような状況では、まだしばらく相場が上向きになることはないと考えています。

来週は月に一度の買い増し日

来週は月に一度の買い増し日です。

評価損が-40%と大きくなっていますが、次の購入で小さくなることが期待できます。

ビットコインが今後どうなっていくのか全く予測が付きませんが、毎月しっかり積立を行い運用していければと思っています。

7月9日 2回目の買い増し!そして・・・

ビットコイン積立投資9週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0040138 BTC
  • 投資額:15,000円
  • 平均取得単価:3,737,107円
  • 7月9日終値:2,934,831円
  • 評価額:11,780円
  • 評価損益:-3,220円(-21.47%)

今回、2回目の買い増しを行いました。

コインチェック 3回購入7/7

コインチェック

購入時の価格は286万円ほどです。

7月4日頃に260万円を割っていたビットコインですが、その後、上昇してきました。

上昇するタイミングがもう少し遅ければ、もっと安く買えたのですが仕方ないですね。

まあ、前回の購入価格が400万円を超えていたので、それを考えるとかなり安く買えています

2回目 3回目
投資額(計) 10,000円 15,000円
BTC
購入時価格
404万円 286万円
平均
取得単価
441万円 374万円

そのおかげで平均取得単価は374万円に、評価損益は-21%まで改善しました。

評価損益
6月11日 -13.35%
6月18日 -41.92%
6月25日 -34.13%
7月2日 -40.99%
7月9日 -21.47%

20%の改善というのはすごいです!

まあ、ここ1ヶ月の下落の仕方がものすごかったので、当然と言えば当然ですがね。

おもいっきり下がった状態で買い増ししているので、数量をたくさん買えています

まさにドルコスト平均法ですね。

上がってきそうな予感?!

私は相場を読むことはできません。

ただ、いろいろ情報収集していると、なんか上がってきそうな予感がしています。

コインチェック チャート7/9

コインチェック

私の希望的観測かもしれませんが、そんな風に感じています。

今後が楽しみです。

7月16日 下がったが持ち直した週末

ビットコイン積立投資10週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0040138 BTC
  • 投資額:15,000円
  • 平均取得単価:3,737,107円
  • 7月16日終値:2,934,046円
  • 評価額:11,777円
  • 評価損益:-3,223円(-21.49%)

ビットコインの積立投資を始めてついに10週目に入りました。

今週の結論をお伝えすると、先週から相場は変わっていません

先週と今週の土曜日の終値を比較しても数百円しか変わっていないので、評価損益も相変わらず-21%のままです。

コインチェック チャート7/16

コインチェック

ただ、この1週間の間に一時260万円台まで下落したタイミングがありました。

G20会議でだされた仮想通貨の国際的な規制枠組みの提案や、イーサーリアムの不正流出騒ぎなどが原因です。

一方、アメリカ経済指標の発表のなかでネガティブな要素が折込ずみだったことや、インフレがピークアウトしたとの見方から、その後、相場は上昇に転じています

そして最終的に、現在の290万円台に戻ってきた形です。

この先どうなっていくのか

私には相場を読み解くような知識はありません。

ただ、ニュースを見たりSNSで情報収集をしていると、以前ほど悪い観測を目にしなくなっているような気がします

下がっていく可能性はもちろんありますが、先週に引き続き、感覚としては上がっていきそうな予感がしています。

もし、ビットコイン投資を始めてみようと考えている方がいたら、とりあえず今のうちに口座を開設して準備しておくのがオススメです。

ビットコインは値動きが激しいという特徴があるため、上がり始めてから準備してももう遅いからです。

チャンスを逃さないためにも、準備は今のうちから行っておきましょう。

7月23日 久々に大きな上昇!

ビットコイン積立投資11週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0040138 BTC
  • 投資額:15,000円
  • 平均取得単価:3,737,107円
  • 7月23日終値:3,058,627円
  • 評価額:12,277円
  • 評価損益:-2,723円(-18.15%)

下落続きのビットコインですが、そろそろ上がってきそうと思った瞬間にやってくれました。

なんと7月20日に333万円の値を付けたんです!

それに伴い評価損益も-21%→-18%まで改善されました。

コインチェック チャート7/23

330万円を超えるのは6月中旬以来なので、約1ヶ月ぶりの高値です。

ただ、その後また徐々に下がってきてしまい、23日終値で306万円ほどに落ち着いています。

これは、ここ10日間ほど右肩上がりで上昇していたため、その利確売りが行われたようです。

また、米テスラ社が保有しているビットコインの大部分が、6月末までに売却されていたことが公になったことも要因の一つとなっています。
(参考:ビットコイン24000ドル台から反落、難易度調整は1年ぶりの下落幅を観測する見通し-CoinPost)

価格が上がる前に買っておこう!

先週もお伝えしましたが、下げ相場の気配は落ち着いてきているように感じます。

1ヶ月ぶりに高値を付けてきたビットコイン。

良い方向に動く予感がしています。(私個人の意見ですが)

もし、まだビットコインを保有していない方がいるなら、いまのうちに買っておくのがオススメです。

価格が上がると買えなくなってしまいますよ。

まずは口座開設して購入の準備を整えましょう。

ちなみに、仮想通貨取引所の「コインチェック」では、無料でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中です。

まずは、タダで受け取れるビットコインで、仮想通貨投資を始めてみるのがいいかもしれませんね。

7月30日 330万円が壁??

ビットコイン積立投資12週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0040138 BTC
  • 投資額:15,000円
  • 平均取得単価:3,737,107円
  • 7月30日終値:3,152,999円
  • 評価額:12,656円
  • 評価損益:-2,344円(-15.63%)

先週、330万円まで上昇し一旦下がったビットコインですが、今週も近い価格まで上昇しました。

コインチェック チャート7/30

やはりアメリカの経済政策に伴うものが大きな要因。

これまで金融引締を強化していく方向で進んでいたものが、若干緩和されるのではとの見方から価格が上がったようです。

価格上昇のおかげで評価損益が、先週-18.15%→-15.63%に改善されました

もうすぐ3度目の買い増しタイミングなので、それまでは今の価格を維持していてくれると嬉しいなと思っていたりします。

ただ、価格が下がる要因が出尽くしているような気もしていて、もう上がるだけじゃないかな?(あくまで私個人が感じていることです)

まあ先のことは分かりませんが、この先もしっかり積立を続けていきたいと思います。

【2022年8月の運用実績】ビットコインの積立投資!

2022年8月のビットコイン運用実績を見ていきましょう。

8月6日 変動の少ない1週間

ビットコイン積立投資13週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0040138 BTC
  • 投資額:15,000円
  • 平均取得単価:3,737,107円
  • 8月6日終値:3,099,000円
  • 評価額:12,439円
  • 評価損益:-2561円(-17.07%)

先週の終値(315万円)と比べても、今週はそこまで大きな変動はありません。

わずか1.44%のダウンです。

ここ1週間で見てみても、少し前の大暴落にくらべるとほとんど動きがありませんね。

コインチェック チャート8/6

コインチェック

中国と台湾の問題に加えてSolana系ウォレットのハッキングなど、いろいろあった一週間です。

しかし、思ったほど下がっていないのではないでしょうか。

メディアの情報を追っていると、ビットコインの下落要素が出尽くし、そろそろ切り返してくるのではとの意見がありました。
(参考:物価上昇ペース緩和の兆しでビットコインに追い風か、売り物出尽くしの印象も-CoinPost)

ホント上がってきて欲しいものですね。

来週は3回目の買い増し

来週はまた買い増しです!

3回目の買い増しになりますが、また平均取得単価が下がると思われるので楽しみにしています。

一時は-40%という評価損になっていましたが、プラスになる日も近いのではないでしょうか。

それでは、また来週もお楽しみに。

8月13日 買い増し3回目!上げ相場、来たか?!

ビットコイン積立投資14週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0055796 BTC
  • 投資額(計):20,000円
  • 平均取得単価:3,584,486円
  • 8月13日終値:3,265,599円
  • 評価額:18,221円
  • 評価損益:-1,779円(-8.9%)

今週は、月に一度の買い増し日ということで、さらに5,000円分のビットコインを購入しました。
(スクショ撮る前に入金してしまい見づらくて申し訳ないです)

コインチェック 4回目購入8/7

これで4回目の購入になります。

3回目 4回目
投資額(計) 15,000円 20,000円
BTC
購入時価格
286万円 319万円
平均
取得単価
374万円 358万円

前回の買い増しに比べて購入時の価格があがってしまいましたが、それでも平均取得単価は下がっています

初めて購入したのが485万円だったので、まあ当然といえば当然でしょうか。

積立をスタートしてから初めて評価損益が一桁代となり、利益発生が射程内となってきました。

評価損益
7月16日 -21.49%
7月23日 -18.15%
7月30日 -15.63%
8月6日 -17.07%
8月13日 -8.9%

ビットコイン価格の上昇に加えて、ドルコスト平均法が効いていますね。

あともう少しでプラスに転換しそうです。

先々週から大きな動きがないながらも、期待大!?

そして、今週の相場を見てみると、先々週の相場から動きが少ないながら直近高値付近をウロチョロしている状況です。

コインチェック チャート8/13

コインチェック

先々週も330万円に到達後、その壁を超えられずにいったん下がっていました。

しかし、また330万円の壁を越えようとトライを続け、徐々に下がらなくなってきていると感じます。

このような状況の背景には、インフレのピークアウト最大手投資運用会社ブラックロックの参入など、良いニュースが続いたことがあります。
(参考:ビットコイン一時25000ドルに迫る、インフレのピークアウト示唆やブラックロック参入が追い風に-CoinPost)

まあ先のことは分かりませんが、最近ずっと悪いニュースばかりで下落傾向だったので、少し期待させる状況ではないでしょうか。

さて、来週の相場を楽しみに待ちましょう。

8月20日 えっ!?落ちるの!?

ビットコイン積立投資15週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0055796BTC
  • 投資額(計):20,000円
  • 平均取得単価:3,584,486円
  • 8月20日終値:2,901,128円
  • 評価額:16,187円
  • 評価損益:-3,813円(-19.07%)

8月19日にまさかの大きな下落が発生!

その影響でまた評価損益が-8.9% → -19.07%と大きく下がってしまいました。

コインチェック チャート8/20

コインチェック

先週、3回目の買い増しを行ったことで評価損益が改善したところなのですが、またもとに戻ってしまいました。

最近、調子良く上がっているなと感じていたこともあり、なかなかのショックです。

ちなみに下落の要因ははっきりしません。

いろいろと調べてみたのですが、下落要因についてはアナリストの間でも意見が分かれているとのことです。
(参考:ビットコインが3週間ぶり安値、数分間で7%超下落-ロイター)

ただ、要因が分からない下げについては、すぐにまた上がってくるんじゃないかなとも感じていたりします(素人の主観ですが)。

下落要因については分かり次第加筆しようと思います。

発想を変えれば仕込み時!

急落してしまったビットコインですが、発想を変えれば安く買えるということです。

価格が安い間にたくさん購入し、高くなったら売却するのが投資の基本ですよね。

ということで、今のうちに仕込んでおくことをオススメします

コインチェックなら、今なら無料でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中です。

出費なくビットコイン投資を始められるチャンスなので、ぜひ活用してみましょう。

8月27日 ジャクソンホール会議の翌日

ビットコイン積立投資16週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0055796BTC
  • 投資額(計):20,000円
  • 平均取得単価:3,584,486円
  • 8月27日終値:2,758,500円
  • 評価額:15,391円
  • 評価損益:-4,609円(-23.05%)

今週は、金融市場に大きな影響をおよぼすとされる「ジャクソンホール会議」が開催されました。

注目されていた米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言により、ビットコイン価格は下落しています。

コインチェック チャート8/27

コインチェック

「インフレ率が低下していると判断するにはまだ早い」として、利上げを継続するとの発言があったことが大きな要因です。
(参考:米FRBパウエル議長、利上げ継続の意思を表明=ジャクソンホール会議-CoinPost)

今後も大幅な利上げが続く可能性があります。

そのため、ビットコイン価格の上昇にはまだしばらくかかりそうですね。

運用成績もせっかく評価損益が一桁台になったのに、いまは-23%とまた大きく下げています。

なかなかプラスになりませんね。

早く上がれよビットコイン!

考え方を変えればチャンス到来!

下がってしまったビットコインですが、実は考え方を変えるとチャンス到来です。

毎月、定額の積立を行うなら、価格が安くなるとより多くのビットコインを買えることになります。

このまま価格の低い時期が続いてくれれば、次の買い増しで平均取得単価をさらに下げることができるんです。

そうすれば、価格が上昇したときにより早くプラスに転換させることができます。

現状、プラスにできないなら、せめて少しでも多くのビットコインを買って上昇に備えておこうと思います。

【2022年9月の運用実績】ビットコインの積立投資!

2022年9月のビットコイン運用実績を見ていきましょう。

9月3日 上がらない相場

ビットコイン積立投資17週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.0055796BTC
  • 投資額(計):20,000円
  • 平均取得単価:3,584,486円
  • 9月3日終値:2,781,689円
  • 評価額:15,521円
  • 評価損益:-4,479円(-22.4%)

ビットコイン相場は、先週のジャクソンホール会議後から大きく変動していません

コインチェック チャート9/3

コインチェック

アップグレードを控えるコイン「カルダノ」と「イーサリアム」の影響を受けて、ビットコインは一時280万円台まで上昇しました。

しかし、米株の下落やイーサリアムに思ったほどの価格上昇がなかったこと、その他複数の要因が入り混じり、売りが強くなりました。
(参考:ビットコイン小確りと推移、相場の底堅さに期待も-CoinPost)

9月3日終値は278万円となっており、先週の276万円と変わらない価格です。

そのため、評価損益も先週からほとんど変わらず、私にとっては特に動きのない相場でした。

来週は月に一度の買い増し日

来週はビットコインの買い増し日があります。

いま、いい感じで相場は下がっているので、ままの状態が続けばより多くのビットコインを取得できる可能性があります

ピンチはチャンスといいますが、下落は自分にとってチャンスです。

このままの低い価格で買い増しできれば、また平均取得単価が下がります

そうすれば少しの価格上昇で利益が出るようになるので楽しみです。

また来週、その経過を方向しますね。

9月10日 絶妙なタイミング!買い増し4回目

ビットコイン積立投資18週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.007358 BTC
  • 投資額(計):25,000円
  • 平均取得単価:3,397,662円
  • 9月10日終値:3,083,248円
  • 評価額:22,687円
  • 評価損益:-2,313円(-9.25%)

今週は月に一度の買い増し月ということで、5,000円分のビットコインを購入しました。

コインチェック 5回目購入9/7

今回の買い増しはタイミングがとにかく絶妙で、買う直前で相場が下落し買ったあとすぐに上がるという奇跡が起こったんです!

コインチェック チャート9/10

コインチェック

いや~こんなに気持ちのいい買い方ができたのは久々です。

この相場変動のおかげで平均取得単価がますます下がっています

4回目 5回目
(買い増し4回目)
投資額(計) 20,000円 25,000円
BTC
購入時価格
319万円 281万円
平均
取得単価
358万円 340万円

評価損も一桁台に戻ってきていて、あともう少しでプラスに変わります。

評価損益
8月13日 -8.9%
8月20日 -19.07%
8月27日 -23.05%
9月3日 -22.4%
9月10日 -9.25%

相場の状況としては、アメリカの金融政策引締めが再燃したことが、7日の下落要因となっています。
(参考:ビットコイン相場の大底形成がより濃厚か、市場は上値追う展開-CoinPost)

そして、その後の上昇については、明確な要因が見当たらないものの「安全通貨であるドルの下落や世界的な株式の上昇」が影響しているのではという意見がありました。
(参考:ビットコインが2.1万ドル超え、半年ぶりの大幅高 ドル安で-ロイター)

アナリストの中には「ビットコイン相場は大底になったのでは」との見解を示す方もいます。

ということは、やっと相場が上昇してくれるということです。

早く上がってほしいですね。

今のうちに準備しておくのがベスト!

価格が上がってしまってからでは、大きな儲けは期待できません。

ビットコインが安くて購入しやすい今のうちに、準備しておくことをオススメします。

ちなみに、取引所のコインチェックでは「口座開設+入金」を行うことで、無料でビットコインが受け取れるキャンペーンを実施中です。

今月までの期間限定キャンペーンなので、早めに申し込んでおきましょう!

9月17日 米CPIはパンチが効いていた!

ビットコイン積立投資19週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.007358 BTC
  • 投資額(計):25,000円
  • 平均取得単価:3,397,662円
  • 9月17日終値:2,876,628円
  • 評価額:21,166円
  • 評価損益:-3,834円(-15.34%)

調子良く上がっていたビットコインですが、13日にアメリカ消費者物価指数(CPI)の発表があり、大きく下落しました。

コインチェック チャート9/10

コインチェック

CPIが予想を上回る伸びとなり、さらなる利上げがあると予想されたことから、このような結果となっています。
(参考:米CPI、8月は8.3%の上昇 仮想通貨市場にも影響-CoinPost)

ジャクソンホール会議で下落した後、少しずつ戻していたのに残念ですね。

このことから記事執筆時点(9月18日)の評価損益も-9% → -15%となっています。

ただ、今月の買い増しが上手くいったおかげで以前ほど損益は悪くなっていませんね。

一時は-30%を超えるような時もあったことを考えると、まだまだ余裕です。

世界情勢が混沌とした状況なので、なかなか上がらない状況というのは仕方がないでしょう。

ちなみに、これは仮想通貨だけの話ではなく他の金融商品でも言えることです。

そのため投資に取り組むなら、いまは我慢の時期なんだと思います。

下がったときは仕込み時!

何度もお伝えしていますが、相場が下がったときが仕込み時です。

価格が上がってから買っても利益は期待できません。

そのため、今のような下がったタイミングでビットコインを購入し、上がるタイミングを待つ必要があります。

もしビットコイン投資に興味があるなら、いまが良い機会です。

まずは口座を開設して、購入準備を整えましょう。

コインチェックの口座開設で、無料でビットコインが受け取れるのは9月末までです。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

9月24日 上がらない1週間

ビットコイン積立投資20週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.007358 BTC
  • 投資額(計):25,000円
  • 平均取得単価:3,397,662円
  • 9月24日終値:2,711,646円
  • 評価額:19,952円
  • 評価損益:-5,048円(-20.19%)

ビットコイン積立もついに20週目に入りました。

ビットコイン相場はまだまだ厳しい状況が続いています。

先週のアメリカ消費者物価指数(CPI)の発表以降、ビットコイン相場は大きく下げたままです。

20日~21日にかけて行われたFOMC会議での要人発言にも注目が集まっていましたが、こちらは思ったほどの影響はありませんでした。
(参考:米FOMC、0.75%の利上げ継続を決定 今後の金利見通しも更新-CoinPost)

むしろ、日本政府の為替介入などと合わせて、米ドル/円相場に大きな影響を与えていましたね。
(参考:政府・日銀 急速な円安に市場介入 24年ぶりドル売り円買い介入-NHKニュース)

コインチェック チャート9/24

コインチェック

先週土曜日の終値に比べて5%ほど下がっていますが、ビットコイン相場では大した下落ではありません。

毎週のように同じことを言っていますが、今の世界情勢を考えると今後もしばらく厳しい状況は続くのではないでしょうか。

無料でビットコインがもらえるキャンペーンが、もうすぐ終了!

当ブログでオススメしている仮想通貨取引所「コインチェック」でのキャンペーンが、今月末までとなっています。

このキャンペーンでは、口座開設+入金(1円でもOK)1500円分のビットコインが無料で受け取れるんです。

無料でビットコイン投資を始められるチャンスなので、この機会にぜひ受け取っておきましょう。

価格が安くなっている今のうちに始めておけば、大きな利益が出るかもしれませんよ。

10月1日 いったりきたり

【積立投資の基本情報】

  • 投資開始:2022年5月7日
  • 毎月の積立(購入)額:5,000円
  • 積立日:毎月7日
  • 実績の計算価格:土曜日の終値

ビットコイン積立投資21週目の実績は以下のとおり。

【ビットコイン(BTC)の運用実績】

  • 保有BTC総数:0.007358 BTC
  • 投資額(計):25,000円
  • 平均取得単価:3,397,662円
  • 10月1日終値:2,795,200円
  • 評価額:20,567円
  • 評価損益:-4,433円(-17.73%)

この1週間、ビットコインは280万円±10万円の価格帯をいったりきたりしています。

26日頃にいったん290万円を超えるような動きがあったのですが、やっぱり戻ってきてしまいました。

いわゆる「レンジ相場」というやつですね。

コインチェック チャート10/1

 

コインチェック

先週とあまり変わらない状況なので、評価損益も大きくは動いていません。

世界情勢の影響で下げる機会が多いように感じますが、一定の価格帯をいったりきたりしているので、大きな痛手にはなっていないですね。

情勢が安定するまでは、あともう少し我慢が必要な気がします。

『コインチェック』の詳細・口座開設(無料)はこちら(公式)

コインチェック

仮想通貨(ビットコイン)投資を始める方法

仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるための流れは、以下のようになります。

  1. 仮想通貨取引所に口座を開設
  2. 口座に入金
  3. 好みの通貨を購入する

たったの3ステップで仮想通貨を始めることができます。

仮想通貨取引所の選び方

口座を開設できる取引所は無数にありますが、初心者の方は知名度が高く安心感のある取引所を利用するのが良いでしょう。

また、チャートや取引方法がシンプルで分かりやすい取引所を選ぶのもポイントです。

取引所選びのポイント

  • 知名度が高い大手取引所
  • 金融庁に仮想通貨取引所として登録済み
  • 少額から取引ができる
  • 取引画面がシンプルで分かりやすい
  • 多くの人が利用している

また、取引所によってはチャットルームを設けているところもあり、そういった取引所を利用すると情報収集にも役立つでしょう。

初心者には『コインチェック』がオススメ

さっき紹介した選び方を全てクリアしている取引所としてオススメなのは「コインチェック」です。

コインチェック

コインチェックはマネックスグループ傘下の取引所で、テレビCMも放映されていることもあり、知っている方も多いと思います。

18種類の仮想通貨500円から購入できるため、少額からはじめたい初心者にピッタリの取引所です。

以下のように取引画面やチャートもシンプルなので、迷わず取引ができます。

コインチェック 取引画面

初めてのトレードに最適ですね。

『コインチェック』の詳細・口座開設(無料)はこちら(公式)

コインチェック

※上記の情報は2022年9月時点のものです。

まとめ

この記事では週次でビットコイン投資の運営実績を報告しています。

ビットコインを購入するなら今がチャンスです。

一時期は700万円を超える価格になっていましたが、2022年5月現在は400万円にまで下がってきています。

今後、さらなる高騰が予想されるので、買っておくなら今がオススメです。

投資経験がないという方は、まずは少額からでもいいので、チャレンジしてみましょう。

それでは、また来週も見に来てくださいね。

ABOUT ME
てるしむ
副業ブロガー歴4年目の30代おやじ|3サイト運営|10以上の副業をしてきた経験から副業のポータルサイト『ワガママ副業』を開設|1サイト目は運営1年で月間閲覧数10万6千回を記録|ワガママ副業では、有名法人サイトなど名だたるメディアを抑えて検索上位を獲得した実績あり|デメリットもしっかり分かった上で副業に取り組んでほしい」という想いをもって運営しています!